アルツハイマー病の予防は食事から!食べ物から気をつけよう

・周りの物事への興味が低下
・記憶が曖昧
・同時に2つの事ができなくなる
・仕事でのミスの連発
・同じ話、質問を繰り返す

 

これらはもしかしたら認知症(アルツハイマー病)の初期サインかも・・?

 

おじいちゃん、おばあちゃんが・・

お父さん・・お母さんが・・

奥さんが・・旦那さんが・・

もしかしたらなんて思い当たる節がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

アルツハイマー病は本人自身では気づきにくいですし

自分が認知症だと認めない方も多いですよね?

 

軽度の症状であればまだしも重度の症状になってしまうと手がつけられないなんてことも・・

 

なので今日は自分がそうならないために、

周りの方をそうさせないために

アルツハイマー病を食事で予防する!

というのをテーマに触れていきます!

 

 

アルツハイマー病のための食事とは

食事でホントにアルツハイマー病の予防になるの?

と思うかもしれませんが、それがなるんです!!

 

そもそもアルツハイマー病は進行性の脳疾患で

記憶や思考能力がゆっくりと障害されていく病気です

主に60歳を過ぎたあたりから症状が出始める事が多く

原因は完全には解明されていませんが環境や生活習慣などが深く関わっている事は分かっています

 

食生活も生活習慣の1つ

●バランスの良い食事
●摂取カロリーを守る
●塩分を控える
●間食、糖分を控える

 

これら4つのことを意識して脳の健康を維持していく事が大切です

生活習慣と食事からアルツハイマー病の予防をしていきましょう!

 

バランスの良い食事

バランスの良い食事ってじゃあ具体的になんなの?というと

・たんぱく質 ・脂質 ・炭水化物 ・ビタミン ・ミネラル

 

を適量摂取する事を言います

 

どれかが欠けるのもよくありませんし、

どれかを大量摂取するのもよくありません

あくまでバランスが大切です

 

摂取カロリーを守る

カロリーを摂りすぎれば当然肥満に繋がります

摂取カロリーを気をつけることで肥満を予防することができます

 

肥満はアルツハイマー病になりやすいだけでなく、

内蔵脂肪の蓄積による高血圧や糖尿病を引き起こしてしまいます

 

塩分を控える

塩分を控える事もアルツハイマー病の予防に繋がります

 

減塩することで高血圧の予防に繋がり、

さらに高血圧の予防はアルツハイマー病の予防に繋がってきます

 

間食、糖分を控える

間食をして糖分を摂りすぎてしまうことも日々の栄養バランスの偏りを起こしていまいます

 

糖分を控える事で糖尿病のリスクを抑え

さらにそれがアルツハイマー病の予防に繋がります

 

血糖値をコントロールするためにも甘いお菓子は控えていきましょう

 

アルツハイマー病のリスクを上げてしまう食べ物

●肉の脂身(ラードやヘッド)
●マーガリン
ショートニング

 

動物性の油(魚は除く)は飽和脂肪酸

マーガリンやショートニングはトランス脂肪酸

この2つの脂肪酸を過剰摂取しやすくなる原因になります

 

これらの過剰摂取もまた、アルツハイマー病の原因になりますので要注意です

 

※摂取するなという訳ではありません
過剰摂取がよくないよ!という事です

 

アルツハイマー病の予防になる食べ物

●魚
●緑黄色野菜・豆類・果実類
●カレー
●コーヒー
●緑茶
●赤ワイン

 

さかな~さかな~さかな~~~♪

でお馴染みの魚です!

 

特に秋刀魚(さんま)、鯵(あじ)、鰯(いわし)、鯖(さば)などの青魚には

オメガ3脂肪酸のDHAやEPAが多く含まれています

 

記憶力や判断力の向上があるとされ、

アルツハイマー病予防にとても有効だと言われています

 

あたま~が~よく~なる~~~♪

の歌詞も本当だったんですね(・∀・)!

 

緑黄色野菜・豆類・果実類

 

緑黄色野菜ではほうれん草、小松菜、菜の花

豆類では納豆、枝豆、そら豆

果実類ではいちご、キウイ、オレンジ

葉酸というのが多く含まれています

 

葉酸はビタミンB群の一種で、

アルツハイマー病の原因の1つである

血中のホモシステインを減らしてくれる役割があり

アルツハイマー病の予防が期待できます!

 

カレー

え?カレーが!?と思う方も多いでしょうが

カレーもアルツハイマー病予防に期待できます

 

カレー粉に入っているウコンには、クルクミンが含まれています

クルクミンはアミロイドβが脳内に溜まってしまう速度を抑える他に

出来てしまった老人斑の分解を促します

 

コーヒー

 

コーヒーに含まれるクロロゲン酸はポリフェノールの一種で抗酸化作用をもっています

 

※コーヒーの飲み過ぎはカフェイン中毒を引き起こす可能性があるので
くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう
これも適量が大切です!

 

緑茶

 

新茶に多く含まれるテアニンといううまみ成分(アミノ酸)には

血圧上昇を抑制し脳の神経細胞を保護する働きもあり、

認知機能の低下を抑える作用があると言われています

 

赤ワイン

 

赤ワインに含まれるポリフェノールには、

強力な抗酸化作用があり老化やアルツハイマー病の予防に期待できます

 

1日250ml~500mlを目安に飲むようにしましょう

それ以上の大量飲酒はアルツハイマー病のリスクを高めてしまうので要注意です

 

自分で調理するとこともアルツハイマー病予防に

定年退職してから出かける事もせずに家でだらだらとテレビを見る生活

送ってしまっていませんか?

 

脳も体も使わないとその機能は低下する一方です

 

普段調理を自分でしない方もたまには調理を自分でするようにしてみましょ!

何を作るか?材料はどうやって切るか?どういう手順でつくるか?など

複数の事を同時に考えながら作業するので特に頭を使っていますよね?

これがアルツハイマー病の予防にとてもいいのです!

また、調理中は立っての作業になるので頭も体も同時に使うことになります

 

とにかく頭を使って動く!

日々の食事での予防と同じくらいこれも大切な予防になります!

 

おわりっ

 

 

生活, 雑記

Posted by tatsuya