日本で最強の喧嘩師!そのいわくつきのエピソードがヤバイ!

こんにちは、達也です!

 

ルールの無い喧嘩

武器、急所攻撃なんでもあり

それは格闘技とは全く異なるものです

 

誰が1番強いかなんてのははっきり分かるもんじゃありませんが

こいつが1番強い

と後世に語り継がれる男がいます

 

今回はそんな日本で最も喧嘩が強いと言われる男を5名

いわくつきのエピソードと一緒にご紹介します

 

 

花形敬(はながたけい)

漫画『グラップラー刃牙』花山薫のモデルになった

安藤組の幹部で喧嘩師

 

身長180cm体重100kg以上あったとされています

『殺人パンチ』を得意技とし、

中学時代にはプロボクサーを1撃KO

 

明大の番長が拳銃を持ち出した際も「なんだそりゃ」と一言発し、

恐れる事なく拳銃を取り上げ、殺人パンチでKOしています

 

また、あの伝説のプロレスラー

力道山が安藤組にあいさつに来なかった事に対して

激怒した花形が殴り込みをかけ、殺人パンチをチラつかせると

力道山が「中で呑もう」と先に折れたエピソードもあります

 

銃で撃たれた時も病院をすぐに抜け出し、

酒を飲んで女を抱いた後、撃った相手に殺人パンチをお見舞いしようと

街中を一晩中探し回ったりもしていたそうです

 

1963年、最期は敵対組織の刺客2人に刺殺されました

 

大西政寛(おおにしまさひろ)

ヤクザとは思えない可愛らしい顔立ちですが

怒ると信じられないほど狂暴になる事から

『悪魔のキューピー』と呼ばれました

 

16歳の時、呉の食堂で海軍兵士と喧嘩になり

刺身包丁で相手の腹を刺し、片耳を削ぎ落としました

 

23歳の時には、敵対する小原組の組長の腕を日本刀で切り落とし

妻と歩いていた時、酒に酔った3人組と口論になるとその男らを神社で射殺

 

最期は27歳の時、この件で指名手配され

組関係者宅にいる所を40人の警官に囲まれ

銃を乱射し2名の警官を射殺しましたが、

自身も心臓を撃たれて死にました

 

森田雅(もりたみやび)

安藤組の大幹部剣術柔術達人

上で紹介した花形と直接の対戦はありませんが

花形以上の強さを誇るといわれた人物です

 

日本刀を持った3人に拉致され、

左目を負傷しても親分の居場所を吐かなかったといいます

 

また、自分たちのシマで挨拶無しに開店した飲食店の

用心棒、力道山を敗走させた事もありました

 

加納貢(かのうみつぐ)

花形敬の1世代上でステゴロ最強とも言われた『新宿の帝王』

弱者を助け、喧嘩を売ることはなかったが売られた喧嘩は必ず買い

『象さんパンチ』と呼ばれる重いパンチを得意技としました

(※写真右 加納貢)

 

上で紹介した、拉致された森田雅を単身で奪還した他、

ボクシングの世界チャンピオンを『象さんパンチ』で

KOした伝説が残っています

 

最期は詐欺師に騙され様々な事業に出資して財産を失い

新宿の高級ホテルで死去しました

 

菅谷政雄(すがたにまさお)

戦前から神戸三宮を中心に違法行為暴力行為を行い、

戦後は朝鮮、中国、台湾人と共に国際ギャング団として活動していました

 

闇市の用心棒や闇物資の倉庫管理を行い

山口組と朝鮮人連盟の争いの仲裁もしました

 

山口組の幹部となり、最盛期には20億円の収入がありましたが

内部抗争により、山口組から絶縁処分を受けました

 

最期はガンに侵された後、心臓病のため67歳で死去しました

 

まとめ

日本で最も喧嘩が強いと言われた男を5名紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

花形はもうなんか目つきからしてヤバイですよねwww

そしてヤクザは分かっていた事だけどやっぱりヤバイ・・

安藤組山口組・・

 

殺人パンチといういかにも強そうなパンチから

象さんパンチというかわいらしい名前のパンチまでありましたが

どちらもプロボクサーをKOさせる程の威力・・

ヤバイという言葉しか出てきませんwww

 

喧嘩が強いという事は

・人を殺める事に対して躊躇がない
・道徳、倫理のリミッターは外れている
・体格に恵まれている

 

という事なのかもしれませんね

 

現代ならここに霊長類最強と言われた

吉田沙保里を入れてもいいかもしれませんね(((( ;゚Д゚)))

 

おしりっ